診療案内

歯周病

歯を支えているすべての組織が炎症を起こし破壊されていきます。
日本人成人の80%が歯周病にかかっていると言われ、歯肉だけではなく歯周組織にまで炎症が及んだものです。はじめは歯肉から出血しやすくなる程度ですが、だんだん進行すると歯周ポケットが深くなり、歯肉を押すと膿が出るようになり、口臭も出るようになります。
歯肉は衰えて、歯根が出てきます。顎の骨は吸収されて歯がグラグラし始め、噛んだ時に浮いた感じがするようになります。放っておくとついには歯が抜けてしまいます。
最近では歯周病も生活習慣病の一つとされています。

1、歯肉から出血しやすくなる。
2、歯周ポケットが深くなり、歯肉を押すと膿が出るようになる。
3、口臭が出る。
4、歯肉は衰えて歯根が出てくる。
5、顎の骨は吸収されて歯がグラグラし始め、噛んだ時に浮いた感じがするようになる。
6、放っておくとついには歯が抜けてしまう。

症状によってそれぞれにあった計画的な治療が必要になります。水平的に吸収して失った歯を支える骨は元通りにはなりません。一度改善した口の中も口腔内清掃を徹底し、定期的なメインテナンスと予防が必要不可欠となります。

1. スケーリング

超音波の器具、または手用の器具を使用し歯石・歯垢を除去する方法。歯は削りません。

2. ルートプレーニング

スケーリング後に行う処置。歯石・歯垢による汚れ、柔らかくなった歯の表面の組織を除去し、歯肉との接着をよくすると同時に、スケーリングでざらついた歯の表面を滑らかに硬く保つ方法。

3. 外科手術

スケーリング・ルートプレーニングで治らなかった方に行う手術です。症状により方法は様さまざまです。歯肉を切って、骨からはがし、歯の根のこびりついた汚れを除去し滑らかにします。

4. 定期検診

歯周病は、再発が多い病気と言われています。歯周治療が終了しても、きちんとした管理が出来ていなければ再発してしまいますし、歯周病の治療中や治療終了直後は、歯周病菌が非常に少なくなっていますが、ブラッシングを怠ると時間とともに再び歯周病菌が増殖し再発をおこしてしまうのです。メインテナンスとは、定期的に口腔内を管理することにより歯周組織の健康を維持していくための定期的な治療のことです。治療が終了した後は、3〜6ヶ月ごとの定期検診の受診をお勧めします。

歯の無料健康相談

診療案内

  1. 一般歯科
  2. 歯科口腔外科
  3. インプラント
  4. 予防歯科
  5. 審美歯科
  6. 矯正歯科
  7. ホワイトニング
  8. 歯周病科
  9. 噛みあわせ治療

アクセス

活動報告

TOPICS

All-on-4

All-on-4は、埋め込むインプラントの数が最少4本。
最先端のインプラント治療法です。

フラップレス術式

歯肉を切ることなく治療できる「フラップレス術式」は、痛みや出血、術後の腫れを大幅に軽減できる最新のインプラント治療法です。

お電話でのお問合わせはこちらまで

東京都北区赤羽北2-8-1-105号
アクトピア北赤羽五番館
TEL.03-3905-6681

歯科医師・歯科衛生士スタッフ募集