診療案内

一般歯科

虫歯は、放っておいても自然治癒するものではなく、治療しないでそのまま放っておくと、抜歯せざるを得ない状況に陥ることがあります。虫歯の実態とそれぞれの症状に対する治療法について知り、日常のお口のケアと定期検診を心がけ、早期発見・早期治療に努めましょう。

虫歯の進行と治療について

虫歯の進行は、C0〜C4の5段階であらわされます。初期段階では、自覚症状はあまりないため、痛み出したときにはかなり進行していると考えていいでしょう。

症状:歯の表面のエナメル質が少し溶けた状態。自覚症状はなく、歯の表面が白っぽくなる、 奥歯の溝が茶色くなるなど、見た目に変化が起こります。
治療:この段階で、適切な歯磨きやフッ素塗布などのケアをすれば、治癒します。

症状:エナメル質がさらに溶けた状態。まだ痛みはほとんど感じません。歯の表面が黒くなります。
治療:虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰めるか、フッ化ジアミン銀による進行防止といった簡単な治療を行います。

症状:冷たいものや甘いものを食べると、しみるようになります。
治療:治療はC1と同じですが、大きいものは歯髄を保護する処置が必要です。また、穴が大きくなっている場合は、型を採って詰め物(インレー)などを作り、装着します。

症状:歯髄(神経)まで達した虫歯です。痛みの持続時間が長くなり、何もしなくても常に痛むようになります。進行すると、歯ぐきが腫れて膿が出てきます。
治療:「根管治療」(神経の除去)が必要になる場合があります。根管治療後は歯が非常にもろくなるので、クラウンなどの被せ物を装着します。

症状:虫歯菌が歯根まで到達し、歯冠部がほとんどなくなり、根だけが残っている状態。神経が壊死しているため痛みはありませんが、放置しておくと膿が溜まり激痛が走ります。
治療:健全な歯質が残っていれば根管治療を行い、残った根を利用し土台を作って差し歯を装着します。健全な歯質がほとんどない場合、または根の先の病巣が非常に大きくなっている場合は、抜歯が必要になることもあります。抜歯後は、インプラント、入れ歯などによって歯の機能を補います。

虫歯の進行と治療について

神経の虫歯(C3)の段階では、基本的には神経を除去する「根管治療」を行います。根管治療とは、神経が入っている根管から虫歯菌に冒された神経を除去し、洗浄。その後、薬剤を詰めて土台をつくったあと被せ物をする治療です。
根管は複雑な形状をしており肉眼では見えにくいため、治療には正確さが求められます。

歯の無料健康相談

診療案内

  1. 一般歯科
  2. 歯科口腔外科
  3. インプラント
  4. 予防歯科
  5. 審美歯科
  6. 矯正歯科
  7. ホワイトニング
  8. 歯周病科
  9. 噛みあわせ治療

アクセス

活動報告

TOPICS

All-on-4

All-on-4は、埋め込むインプラントの数が最少4本。
最先端のインプラント治療法です。

フラップレス術式

歯肉を切ることなく治療できる「フラップレス術式」は、痛みや出血、術後の腫れを大幅に軽減できる最新のインプラント治療法です。

お電話でのお問合わせはこちらまで

東京都北区赤羽北2-8-1-105号
アクトピア北赤羽五番館
TEL.03-3905-6681

歯科医師・歯科衛生士スタッフ募集